パチンコのマナー

ここではパチンコで遊ぶ際の最低限のマナーをご紹介します。
初心者にはわかりづらい暗黙のルールもあります。最低限の知識はもって、気持ちよく遊戯したいですね。

人の遊戯の観戦はしない
自分では打たずに、他の人が遊戯している台の後ろや横に立って観戦する行為は控えましょう。無用のトラブルの原因ともなりかねません。また、禁止行為として店員さんに注意されるホールもあります、
タバコや缶など、荷物の置いてある台では打たない
台のそばにタバコが置いてあったり、中には玉がおきっぱなしの台があります。これは忘れ物ではなく、台を確保しているということです。万が一、本当に忘れ物だとしても、これもトラブルの元になります。その台はまだ使用中ですので、他の台を探しましょう。
台の確保はしない
いくら出そうな台がいくつもあったからといって、一人で複数の台を確保するのは禁止されています。
玉は店外へ持ち出さない
パチンコの玉は「お店から借りている」ものです。数の管理もされていますので、持ち出さないようにしましょう。
ケータイ電話は使わない
ゴト対策の為、電波探知機を設置している店がほとんどです。中には反応してしまうこともありますので、ケータイ電話は店外に出て使用しましょう。
台は叩かない
リーチなどの演出が出て興奮する気持ちもわかりますが、意味がありません。抽選はスタートチャッカーに入った時点で行われていますので、叩いたところで結果は同じです。

また、これ以外にも人として当然のマナーがあります。それを忘れないで下さいね。