パチンコの歴史

ここではパチンコの歴史についてご紹介します。今の形になるまでには紆余曲折があったのですね。

パチンコのルーツ

パチンコの起源には諸説ありますが、最も有力なのは大正9年にアメリカから持ち込まれた「バカデル」と呼ばれるゲームがパチンコの祖先となったという説です。この持ち込まれた機械を真似て作られた物が、「コリントゲーム」としてデパートの屋上におかれるようになり、人気を博しました。最初は子供向けのゲームだったのです。

こうして「コリントゲーム」がまず大阪で普及し、やがて金沢、そして近代パチンコ発祥の地となる名古屋へと広まっていきました。
ちなみに「パチンコ」という名前は金沢で生まれたとされています。

氷河期をはさんで生まれた、現代パチンコの基本

このコリントゲームは当初、1銭銅貨を入れると玉が出る方式でした。しかし、この方法にお上からお咎めがあり、メダルを用いる方式になりました(これをメダル式といいます)
ついで名古屋の藤井さんという人が鋼球式という方法を考案します。これはメダルではなく、玉を入れるという方式で、現代のパチンコの基本となっています。

こうして着々と進化を続けていたパチンコですが、第二次世界大戦が勃発すると、営業を禁止され、壊滅状態に陥ります。昭和17年〜21年までの4年間は氷河期と言っていいでしょう。

そして終戦後の名古屋でついに現代パチンコの基本型となる正村ゲージが開発されるのです。

画期的な正村ゲージ

正村ゲージを開発したのは、正村竹一さんという人で、元はガラス商でした。正村さんは鋼球式を考案した藤井さんが、パチンコ台を自作するにあたり、ガラスの相談を持ちかけたことが縁で自身もパチンコ屋を開業した人でした。
終戦後、いち早く営業を再開した正村さんでしたが、台が足りません。そこで正村さんもパチンコ台を作ることにしたのです。

それまでのパチンコは、盤面に等間隔に釘が打たれているものでした。そこで正村さんは釘の打つ場所を不規則にし、さらに斜めに打ったり、浅く打ったりすることで玉の動きに変化をもたせました。さらに台自体もわずかに寝かせる等の工夫も施しました。こうして現代パチンコ台の基礎は完成したのです。

また、 この細かい改良は釘の位置だけを真似るような模造品メーカーでは到底出来ないものでしたので、正村ゲージは一気に人気が爆発、パチンコは産業として発展し始めることになるのです。

規制と発展を繰り返すパチンコ業界

その後、パチンコ業界は正村ゲージを基礎とした新機種の開発、そして規制との戦いを繰り返しています。新たな規制がなされる度にその規制に見合った台が開発され、しばらくするとまた新たな規制がしかれ…その繰り返しです。
規制が加わることにより、消えていく名機は数知れずありましたが、その分、新たな規制に対応した名機も生まれています。

パチンコ業界は日進月歩で、今も進化し続けているのです。